天使祭

てんしさい
晩秋

十月二日に定められた「守護の天使の記念日」であり、神の使者であるあまたの天使を祝う日である。天使は、神と人間の橋渡しをするものであり、人間を悪魔から守ってくれるものとされる。

コメントは受け付けていません。