月代

つきしろ
三秋
月白

月が東の空に昇るのを前に、空がだんだん明るく白んでいく様子をいう。特に十五夜の月の出を待つ月見客たちの待ち焦がれる思いを表している。

月しろやむかしに近き須磨の浦
鬼貫「花見車」

月代や膝に手を置く宵の宿
芭蕉「笈日記」

コメントは受け付けていません。