上り月

のぼりづき
三秋
上弦の月

月が陰暦朔日から十五夜に向かって、だんだんと満ちていくことをいう。三日月から上弦の半月へ、そして美しい満月へと膨らんでいく様子を愛でる気持ちを込める。

コメントは受け付けていません。