降り月

くだりづき
三秋
望くだり/下弦の月/下り月

十五夜の満月から下弦の半月へと次第に欠けていく月のこと。月の出はどんどん遅くなり、明け方頃まで月を望めるが、一抹のもの淋しさも宿る。

コメントは受け付けていません。