朔日ごろの月

ついたちごろのつき
仲秋

陰暦八月一日頃の月を指すが、まだ「魄」(暗い部分)の月で光っては見えない。

コメントは受け付けていません。