初月

はつづき
仲秋
初月夜
陰暦八月初め、二~六日頃の月。まだきわめて細いが、その後の満ちゆく月への期待を込めて愛でる。

初月や向ひに家のなき所
芭蕉「俳諧古選」

もしやとてあふぐ二日の初月夜
素堂「「五子稿」

白河や若きもかがむ初月夜
素堂「翁草」

初月や影まだしまぬ地のくもり
素丸「素丸発句集」

コメントは受け付けていません。