二日月

ふつかづき
仲秋
二日の月/繊月

陰暦八月二日の月。西の端に細く光り、日没後、まもなく沈んでしまうので目立たないが、ようやく光を帯びた仲秋の月を喜ぶ。

面影もほのかに涼し二日月
鬼貫「仏兄七久留万」

雨そそぐみくさの隙(すき)や二日月
蕪村「安永四年句稿」

月ならば二日の月とあきらめよ
正岡子規「新俳句」

あら波や二日の月を捲いて去る
正岡子規「子規句集」

コメントは受け付けていません。