夕月夜

ゆうづきよ/ゆふづきよ
仲秋
夕月夜/夕月/宵月/宵月夜

陰暦八月の二日月から上弦の頃までの月をいう。この頃の月は出が早く、光は弱く、夜半には没するので、はかない感じがある。それゆえ王朝貴族たちに愛され、詩歌に盛んに詠み継がれた。

見る影やまだ片なりも宵月夜
芭蕉「鳥の道」

鹿ずれの松の光りや夕月夜
丈草「土大根」

昼からの客を送りて宵の月
曾良「三日月日記」

コメントは受け付けていません。