宵闇

よいやみ/よひやみ
仲秋

十五夜の名月を過ぎると、月の出は次第に遅くなっていく。従って宵の時刻の空の暗さがひときわ感じられる様をいう。

よひやみに火袋深き木の間かな
鬼貫「七車」

宵闇や霧のけしきに鳴海潟
其角「いつを昔」

よひやみや門に稚き踊り声
太祇「太祇句選後篇」

宵闇の水うごきたる落葉かな
渡辺水巴「水巴句集」

宵闇に臥て金星に見まもらる
日野草城「人生の午後」

コメントは受け付けていません。