真夜中の月

まよなかのつき
仲秋
二十三夜/二十三夜月

午前零時頃になって上り始める遅い出の下弦の月。二十三夜の月ともいう。明け方に南中する。さすがにこの頃にはもう待ち眺める人も少ない。

コメントは受け付けていません。