秋の初風

あきのはつかぜ
初秋
初秋風/初風初

秋に吹く風は蕭条として物寂しい感じがあるが、「初風」はまだ夏の名残が消えないものの、明らかに風に秋の風情を感じる場合をいう。古今集の藤原敏行「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる」がまさしく初風。

初風や松も蘇鉄も秋の市
言水「柏崎」

初風や回り灯籠の人いそぐ
几董「晋明集二稿」

コメントは受け付けていません。