夕顔蒔く

ゆうがおまく/ゆふがほまく
仲春

夕顔はウリ科の蔓性一年草で、その実から干瓢を取ったり、野菜として利用するために栽培される。発芽温度が二十五度くらいと高いので、三月下旬から四月にかけて種蒔をする。

コメントは受け付けていません。