慈姑掘る

くわいほる/くわゐほる
三春

慈姑は、オモダカ科の水生多年草で水田で栽培される。塊茎を食用とし、「芽が出る」縁起の良い食物として正月料理にもなる。前年の十二月から四月頃までが収穫期である。

花に行く群集の道やくわゐ掘り
嘯山「葎亭句集」

かげろふや泥脚乾くくわゐ掘
几董「晋明集二稿」

コメントは受け付けていません。