菜の花蝶に化す

なのはなちょうにかす/なのはなてふにくわす
晩春

蝶々の黄を菜の花の精にたとえたもの。菜の花の花びらが風に舞って、それがいつしか蝶となって飛び回る。

菜の花の化したる蝶や法隆寺
松瀬青々「妻木」

コメントは受け付けていません。