如月

きさらぎ
仲春
衣更着/梅見月/初花月/雪解月/小草生月/梅つ五月

陰暦二月の異称。暦の上では春であるが、なお残る寒さのために、更に衣を重ね着るという意が語源とされる。

裸にはまだ衣更着の嵐かな
芭蕉「笈の小文」

衣更着のかさねや寒き蝶の羽
惟然「続猿蓑」

きさらぎや人の心のあらたまり
大魯「蘆陰句選」

煤ちるやはや如月の台所
白雄「白雄句集」

きさらぎや山茶花寒きわすれ花
青蘿「青蘿発句集」

如月の日向をありく教師かな
前田普羅「前田普羅句集」

如月の烈風釘を打つ音す
臼田亜浪「定本亜浪句集」

きさらぎの藪にひゞける早瀬かな
日野草城「花氷」

きさらぎは薄闇を去る眼のごとし
飯田龍太「忘音」

 

コメントは受け付けていません。