山帰来の花

さんきらいのはな
晩春
がめの木の花

ユリ科の蔓性小低木。さるとりいばらを指す。本来の山帰来は熱帯植物であり、日本には自生しない。蔓は固く、強い棘がある。晩春、葉腋から散形花序をだし、黄緑色の小花を球状につける。

岩の上に咲いてこぼれぬ山帰来
村上鬼城「定本鬼城句集」

山帰来石は鏡のごとくなり
川端茅舎「華厳」

コメントは受け付けていません。