雛市

ひないち
仲春雛見世/雛売場/雛の店

雛人形や雛道具を売る市。江戸時代のころは、往来に小屋を作って雛市が立ち、雛や雛の調度品を求める多くの人でにぎわった。

店へ出る雛に桃のつぼみかな
也有「蟻づか」

雛見世の灯を引ころや春の雨
蕪村「蕪村句集」

雛市やかまくらめきし薄被
一茶「文化句帖」

掌に飾て見るや雛の市
一茶「文政句帖」

コメントは受け付けていません。