物種蒔く

ものだねまく
仲春

物種は草木の種の総称。春、秋咲きの草花や野菜などの作物の種を蒔くことをいう。

庭に出でて物種まくや病み上り
正岡子規「春夏秋冬」

種蒔ける者の足あと洽しや
中村草田男 「来し方行方」

コメントは受け付けていません。