炉塞

ろふさぎ
晩春
炉の名残/炉蓋

冬のあいだ使っていた炉を春になって塞ぐことをいう。炉蓋や畳を入れて塞ぐ。かつては陰暦三月晦日に塞ぐものと決まっていた。茶道では、炉塞の前に炉の風情を惜しむ心から、炉の名残と称して茶会を催す。また、炉を塞いだあとは、風炉を用いる。

炉塞ぎの日や来合はせる畳さし
也有「蟻づか」

炉ふさぎや老の機嫌の俄か事
太祇「太祇句選」

炉ふさぎや床は維摩に掛替る
蕪村「蕪村句集」

炉ふさぎや招隠の詩を口ずさむ
召波「春泥発句集」
炉の蓋にはや蝶どもが寝たりけり
一茶「七番日記」

炉塞いで窓に一鳥の影を印す
夏目漱石「漱石全集」

コメントは受け付けていません。