田螺

たにし
三春
丸田螺/大田螺/角田螺/長田螺/姫田螺/山田螺/豆田螺/つぶ/たつび/田螺鳴く田螺取/田螺売

タニシ科の淡水産巻貝の総称。水田や池沼などの泥地に棲む。冬は泥中にひそんでいるが、春になり水が温かくなると、泥の上を這いまわる。季語の上では、「田螺鳴く」があるが、実際に鳴くことはない。また、古くは田螺が変じて蛍になると信じられていた。和えるなどして食用ともなる。

やはらかな水に角みがく田螺かな
来山「今宮草」

殻捨に出るや昨日の田螺取
也有「鶉衣」

静さに堪へて水澄むたにしかな
蕪村「蕪村句集」

親なしと答ふ淀野の田にし売
暁台「暁台句集」

ふり上る鍬にこぼるゝ田にし哉
千丈「類題発句集」

ほしかげに田にし鳴くなり豊浦寺
大江丸「俳懺悔」
鳴く田螺鍋の中ともしらざるや
一茶「七番日記」

静さに堪へて田螺の移りけり
村上鬼城「定本鬼城句集」

沸沸と田螺の国の静まらず
松本たかし「松本たかし句集」

コメントは受け付けていません。