麦藁鯛

むぎわらだい/むぎわらだひ
仲夏

マダイの異称。春、産卵のために瀬戸内海に入ったものが、麦の実る頃、外海へ戻る際に大量に捕獲されるためこう呼ばれる。桜どきの鯛(桜鯛)に比べると体色が黄ばみ、味も落ちる。

草の戸に麦藁鯛の奢りかな
吉田冬葉(獺祭)

コメントは受け付けていません。