皮剥

kawahagiかわはぎ/かははぎ
三夏

フグ目カワハギ科の魚。地方によってハゲ、メンボウ、スブタとも。体長約二十五センチ。雄は背びれの先端が糸状に伸びることが多い。カワハギの名は、皮が堅く剥いで食用にすることに由来。特に肝臓が美味。

コメントは受け付けていません。