小弓引

こゆみひき
晩春
雀小弓

小さな弓を射って遊ぶこと。うららかな日の遊びということで春 の季語になる。源氏物語にも記述が見える、古い遊戯である。

コメントは受け付けていません。