花盗人

はなぬすびと
晩春

桜の美しさに引かれてその枝を折り盗むこと。狂言の演目などにこの題名が見られる。風流な盗人である。

問ひたきは花盗人のこゝろかな
士朗「枇杷園句集」

コメントは受け付けていません。