浪花をどり

なにわをどり/なにはをどり
晩春

大阪の芸妓たちによる春の踊り。大阪北新地では明治十五年から行われたという。戦時中、一時中断して復活したが、現在は定期的には行われていない。

コメントは受け付けていません。