初午芝居

はつうましばい/はつうましばゐ
仲春
初午狂言

二月の最初の午の日が初午で、その日に演じられる芝居をいう。 普段、主役を演じるものは下役に回り、下役や裏方が中心となる。 午の日は、稲荷神社の祭礼でもあることから、楽屋に稲荷を祀っ て演じたという。

コメントは受け付けていません。