熱風

ねっぷう
晩夏
乾風/炎風

熱く乾いた風のこと。南風が本州の山脈を越えるとき雨として水 分を落とすので、「熱風」は特に日本海側で吹く。また都心でも、 ビルやアスファルトの熱気がそのまま風に乗って「熱風」となる。 いずれも肌が焼けるような感覚。

熱風や土より湧きし仏陀の顔
加藤楸邨「死の塔」

コメントは受け付けていません。