稲干す

いねほす
仲秋
稲掛/掛稲/稲塚/稲叢/稲堆/稲垣/干稲

刈り取った稲を稲架などに掛けて、天日で乾燥させること。近頃では、火力で乾燥させることが多いが、米のうま味は天日乾燥のほうがはるかに勝る。

松原に稲を干したり鶴の声
才麿「椎の葉」

かけ稲や大門ふかき並木松
太祇「太祇句選後篇」

かけ稲に鼠鳴くなる門田かな
蕪村「安永四年句稿」

かけ稲やあらひあげたる鍬の数
白雄「白雄句集」

稲かけし夜より小藪は月よかな
一茶「文化句帖」

コメントは受け付けていません。