新渋

しんしぶ
仲秋
今年渋/生渋/一番渋/二番渋

その年の渋柿を搗いて搾りとった渋のこと。渋は防水性を高める ために、番傘や渋紙に塗って利用される。最初に搾ったものを一 番渋、一番渋をとった滓を発酵させて搾ったものを二番渋という。

新渋の網うちはゆる夕日かな
路通「去来文」

コメントは受け付けていません。