苦参引く

くららひく
晩秋
草槐(くさゑんじゅ)掘る

秋に苦参の根を掘ること。苦参は、はマメ科の多年草で、四国や 九州など日当たりの良いところに自生する。草丈は五十~百五十 センチくらいで、夏に薄黄色の花を咲かせる。根は生薬になり、 健胃剤や解熱剤に利用される。くらくらするほど苦いことから、 くららという名がついたとされる。

コメントは受け付けていません。