千振引く

せんぶりひく
仲秋
当薬引く/千振採る/千振干す

開花期の秋に千振を採取すること。千振はリンドウ科センブリ属 の二年草で薬草として利用される。日当たりの良いところに自生 し草丈は三十センチくらい、秋に白い花を咲かせる。干したもの を煎じて飲むと胃腸に聞くとされる。千回振出してもまだ苦いこ とからこの名がある。

コメントは受け付けていません。