茜掘る

あかねほる
仲秋

秋にアカネを採取すること。茜はアカネ科の蔓性多年生植物で本州、 四国、九州の山野で自生する。秋の初めに白い小さな花を咲かせる。 根は染料になるほか、止血剤としても用いられた。根が赤いことか らこの名がある。

茜掘夕日の岡を帰りけり
尾崎紅葉「新派句選」

コメントは受け付けていません。