桑括る

くわくくる/くはくくる
晩秋
括り桑

四方八方に伸びている桑の枝を荒縄などでくくること。雪国では 雪折れの害から防ぐにも、大切な作業であった。桑畑そのものが 少なくなった現在ではあまり見られない光景である。

コメントは受け付けていません。