鵙落し

もずおとし
三秋

囮鵙の目を縫い、それを枝に止まらせ、周囲に鳥もちをつけた棒を仕掛けて、他の鵙を捕まえようとする狩猟法。囮鵙が騒ぐことで、他の鵙が縄張り荒らしと勘違いする習性を利用したもの。

コメントは受け付けていません。