梅雨の山

つゆのやま
仲夏

梅雨の頃の山をいう。たっぷりと雨を吸った山々の緑。「五月山」と同じ陰暦五月頃の山であるが、梅雨というと鬱陶しいイメージが付きまとう。

コメントは受け付けていません。