長崎の凧揚げ

ながさきのたこあげ
晩春
ハタ揚げ

長崎では凧のことをハタとよぶ。ハタ揚げは、長崎の三大行事の 一つに数えられ、四月に行われる。江戸時代、出島に来るオラン ダ人の従者が伝えたとされる。ガラスの粉を塗りつけたタコ糸で 相手のタコ糸を切るという喧嘩凧である。

コメントは受け付けていません。