鶯笛

うぐいすぶえ/うぐひすぶえ
初春

鶯の声を出す青竹で作った笛。もともとは、子飼いの鶯に鳴声を 覚えさせるために、作られたものという。中に水を入れて使うも のもある。

霞む野に鶯笛を籟すかな
松瀬青々「妻木」

コメントは受け付けていません。