頬赤

ほおあか/ほほあか
三夏
ほあか

本州では夏は高原に、冬は河川敷の草原、農耕地で暮らす十六セ ンチ程の鳥。頭部から頸は灰色、背は黒褐色の斑がある。頬が茶 色であることからこの名がついた。さえずりはチョッチッチチュ チュリチッ。数が少ない。

コメントは受け付けていません。