柄長

えなが
三夏

九州以北に分布し、平地から山地の林、樹木の多い都市公園など に生息する、十四センチほどの鳥。丸くて小さい、綿を丸めたよ うな体に長い尾羽がついているので柄長の名がついた。額から後 頸と腹は白く、眉斑、頸、背、尾は黒、背の両側と肩羽は淡い葡 萄色。秋から冬は群れで行動し、カラ類、眼白、こげらなどと混 群を作る。

コメントは受け付けていません。