雷鴫

かみなりしぎ
三夏
大地鴫

北海道と本州北部の草原、湿原、本州中部の高原に夏鳥として渡 来し、秋早い時期にオーストラリアに渡去する、三十センチほど の鳥。嘴は長く、体は暗褐色で白っぽい斑紋がある。ズビャーク ズビャークと鳴きながら飛び回り、尾羽をふるわせてザザザとい う大きな音をたてて急降下する。この羽音が雷を思わせるのでこ の名がついた。正式名は大地鴫。

コメントは受け付けていません。