南京虫

なんきんむし
三夏
床虱

トコジラミ科トコジラミ属の吸血性の寄生昆虫。体長は八ミリく らいになる。刺されると激しいかゆみに襲われ、その痕がなかな か消えない。江戸時代、長崎の出島から入ってきたとされるため、 南京虫の名がある。

コメントは受け付けていません。