冬浅し

ふゆあさし
初冬
浅き冬

冬に入ったばかりの頃をいう。街路樹の落葉が始まり、しぐれた かと思えば小春日和もある。まだそんなに寒くないころである。

コメントは受け付けていません。