一陽の嘉節

いちようのかせつ/いちやうのかせつ
仲冬
一陽

冬至の日をめでる言葉。冬至を境に日が再び長くなることがめで たいとされ、こういわれる。この日、無病息災を祈って柚子風呂 に入ったり、粥や南瓜を食したりする。春を待つ日が始まる。

コメントは受け付けていません。