宮線を添ふ

きゆうせんをそふ
仲冬

冬至を経て日が徐々に長くなることをいう。晋魏のころの宮中で、 日影の長さを計って日脚の伸びを確かめたことに由来する言葉。

コメントは受け付けていません。