鐘氷る

かねこおる/かねこほる
三冬
鐘冴ゆ

万物が氷りつきそうな冬の日の大鐘の響をいう。鐘の音さえ氷り つくようだ、という感覚的な季語である。

鐘氷る尾の上の寺や月孤つ
召波「春泥句集」

今夜から夜が直るやら鐘さえる
一茶「成美評句稿」

暁や写経の人に鐘凍る
巌谷小波「白人集」

きぬぎぬの鐘氷りしも昔かな
島田五空「裘」

コメントは受け付けていません。