御講凪

おこうなぎ/おかうなぎ
仲冬
お講日和

親鸞の忌日(陰暦十一月二十八日)のころの日和をいう。「凪」 という一字から、法要には船で参集した人も多かったのだろう。 御講は、浄土真宗の門徒にとって、最も重要な法要である。

コメントは受け付けていません。