星の入東風

ほしのいりごち
初冬

陰暦十月に吹く北東の風。この場合の星は昴をさし、昴がよく見 えるころに吹く風という意味で、天候が不順になりやすい。畿内、 中国の船頭のあいだで使われた言葉。

コメントは受け付けていません。