節東風

せちごち
晩冬

瀬戸内あたりで、陰暦の十二月頃吹く東よりの風をいう。春の訪 れが近いことを知らせる風であろう。

コメントは受け付けていません。