御灯祭

おとうまつり
初春

和歌山県新宮市の神倉神社の例祭で、毎年二月六日に行われる火 祭り。日暮を待って、氏子らが、松明を手に山上の境内に集合し、 神官がゴトビキ岩といわれるご神体の下で熾した火をいただく。 松明を手にした男たちがいっせいに石段を駆け下りるさまは炎の 川のようである。

コメントは受け付けていません。