鞆八幡の御弓神事

ともはちまんのおゆみしんじ
初春

広島県福山市の沼名前(ぬなくま)神社の神事。二月の第二日曜 日に行われる。神功皇后が稜威の高鞆を奉納されたことにゆらい して始まったといわれる。当日は、当番の「大弓主」「小弓主」 と呼ぶ射手二名が、江戸時代の武士の装束でそれぞれ六本、計十 二本の矢をを射る。

コメントは受け付けていません。